埼玉県立所沢北高等学校 Reach for the Stars 夢を叶える力 時代を創る力


   生きる力を育て絆を深める埼玉教育
 
                                                 
                                                               
ようこそ  躍進する文武両道の進学校「所沢北高等学校」
絵文字:星
 

理数科 サイエンスセミナー④

10月11日(水)第4回理数科サイエンスセミナーが開催されました。(初めて1・2年生合同イベントとして開催)

≪本日の講義≫
演題 『有機分子が作り出す香りの世界』
講師 埼玉大学理学部基礎科学科 准教授 長谷川 登志夫 氏

香りの有機化学に関するご講演。 詳しくは理数科の報告をお読みください。⇒ 第4回理数科サイエンスセミナー報告(HP用).docx

   
    
 
理数科 科学技術立県を支える次世代人材育成プロジェクト⑨ 
10月2日(月) 『科学技術立県を支える次世代人材育成プロジェクト』の事業の一環として本校の生徒2名がフィリピン研修に参加しました。その報告書(抜粋)を掲載します。
 
    

  HP 科学技術立県を支える次世代人材育成プロジェクト海外研修報告   .pdf
 

 理数科  2年生 課題研究中間報告会が開催されました

9月28日(木)午後、理数科2年生による『課題研究発表会』(中間報告会)が開催されました。質疑応答もなかなか活発にやりとりされています。
理数科2年目、初の取り組みです。とても立派な発表でした。
講評では校長先生から今後よりよい発表会となるために、
『①原稿を見ないプレゼンテーションへの工夫 ②英語によるプレゼンテーションへの挑戦 ③新たな課題への取り組み(答えのない問いへの挑戦)に向け頑張ってほしい。この発表会は学び方を学ぶとてもよい機会ではないか』 とお話いただきました。

≪発表テーマ≫
1 放散虫で知る城ケ島の年齢
2 微分積分概説を読んで
3 ゲーム必勝法の研究
4 トンネルの消失
5 数学オリンピック(JMO)
6 集風装置を作ろう
7 ガウス加速器のエネルギーと限界について
8 音のソノリティ
9 強力なメントスコーラの作製
10 色素増感型太陽電池 さらなる発電効率を求めて
11 紙の製造と比較
12 豆苗の再生
13 プラナリアの記憶
14 アリの餌探しについて



       
  
  
  

 追記
  理数科だより第5号が発行されましたので こちらにも掲載させていただきます。 ⇒理数科だより第5号.pdf
 
 
理数科  科学技術立県を支える次世代人材育成プロジェクト ⑧ 
10月の 科学技術立県を支える次世代人材育成プロジェクトの日程が決まりました。確認をお願いします。

本事業は、所沢北高校・大宮高校・川越高校・坂戸高校・伊奈学園総合高校等、学校の枠をこえた「チーム埼玉」としての理数に関する学びあいです。 
所沢北高校では生物・数学の分野を担当します。(北高生22名の生徒が自分の得意な分野で参加しています)
9月に続き、10月も実施いたします。

   保護者向け通知はこちら ⇒ 科学立県《10月》保護者宛活動案内.pdf

  数学分野
   活動日 平成29年10月28日(土)
   場 所  所沢北高校 数学演習室
   時 間  13:30~16:30
   ※ 他校生は上履きを用意   

  生物分野 (永井班)
   活動日 平成29年10月28日(土)
   場 所  所沢北高校 生物室
   時 間  8:30~12:00
   ※ 生物学オリンピック過去問研究参加者は、英和辞典を用意
      午後も、課題研究を行う場合は、昼食持参


                
 

理数科  2年生 生物実験 「DNAの抽出」

9月26日(火)4時間目 2年生理数科クラスで生物の実験が行われました。①身近な食物(ブロッコリー)から簡単な方法でDNAを抽出する。②ヒトの口腔細胞を確認する。
授業でのスムーズな作業はもちろん、お互いコミュニケーションをよくとりながら実験を進めています。

  
  
  
  
 
 
理数科 科学技術立県を支える人材育成プロジェクト⑦ 数学編
9月24日(日)科学技術立県を支える人材育成プロジェクトの生物・数学のメンバーが集まりました。
午後は数学班です。本日の活動概要は以下の通りです。

13:30~13:40 本日の流れと全体確認事項
13:40~13:50 『数理の翼 夏セミナー』参加者報告
13:50~14:30 『整数』の学習
14:30~14:40 休憩
14:40~16:20 2013年問題 答え合わせ(グループ解答を黒板で)
16:20~16:30 解説・次回の予告
            2014年の問題配布
   

   
  
 
 理数科 科学技術立県を支える人材育成プロジェクト⑥ 生物編
9月24日(日)科学技術立県を支える人材育成プロジェクトの生物・数学のメンバーが集まりました。
午前は生物班です。個人研究、英文の文献和訳からのスタートも。各自のテーマは以下の通りです。

≪浦和高校≫     
地衣類から抽出される化合物などの結晶の形と抽出溶媒の関係
≪所沢北高校≫   
プラナリアの再生実験(仮)
生物学オリンピック
 ゾウリムシの競争的排除則の結果を変えるには
マイハギが良く踊る条件は何か、動く仕組みから考える

  

  
 
理数科  科学技術立県を支える次世代人材育成プロジェクト ⑤ 
9月15日(金)科学技術立県を支える次世代人材育成プロジェクトでは、新たに(埼玉県が立ち上げた)交流のための研究サイトがスタートします。
これについての説明会が開かれました。他校間との交流も活発に行われることを期待します。頑張ってください!

   

   ① 研究サイトに関する話(ログインパスワードの配付)
   ② 保護者通知 HP掲載について
   ③ 活動報告書の作成と提出について

【以下再掲】

本事業は、所沢北高校・大宮高校・川越高校・坂戸高校・伊奈学園総合高校等、学校の枠をこえた「チーム埼玉」としての理数に関する学びあいです。 
所沢北高校では生物・数学の分野を担当します。(北高生22名の生徒が自分の得意な分野で参加しています)
8月に続き、9月も実施いたします。

   保護者向け通知はこちら ⇒ 【 科学立県:9月】活動案内《保護者宛て》.pdf

  数学分野
   活動日 平成29年9月24日(日)
   場 所  所沢北高校 数学演習室
   時 間  13:30~16:30
   ※ 他校生は上履きを用意   

  生物分野 (永井班)
   活動日 平成29年9月24日(日)
   場 所  生物室
   時 間  8:30~12:00
   ※ 生物学オリンピック過去問研究参加者は、英和辞典を用意
      午後も、課題研究を行う場合は、昼食持参
 
              
 

理数科 先輩に続け!理数科1年生の授業

9月13日(水)1年生 理数科の授業 生物(体細胞分裂)の様子をご紹介します。質問に積極的に答え、テンポよく授業が進んでいきます。

  
  
  
 

理数科  ワーキング・ランチで 科学の甲子園 説明会

 9月7日(木)昼休み、科学の甲子園に出場する生徒を対象に説明会が開催されました。
1・2年生にとっては3年生がとても強い味方。忙しい中を、後輩のためにとアドバイスをしてくれました。
 科学の甲子園 埼玉県予選会では、埼玉県内の高等学校の生徒を対象とした科学技術・理科・数学等における競技を開催し、全国大会出場の代表を決定します。
科学好きな生徒が集い、競い、活躍できる大会です。2年連続3位、今年は先輩を超えるよう頑張ってください。3年生の皆さん、貴重な時間を後輩のためにありがとう。

 開催日 平成29年11月4日(土)
 場 所  埼玉県立総合教育センター

  
  
   
   科学の甲子園リーフレット.pdf
 
理数科   科学技術立県を支える次世代人材育成プロジェクト ④ 
  県の事業、所沢北高校・大宮高校・川越高校・坂戸高校・伊奈学園総合高校等、学校の枠をこえた「チーム埼玉」としての理数に関する学びあい。 本校では生物・数学の分野を担当します。(なお、所沢北高校では 22名の生徒が自分の得意な分野で参加しています)
8月に続き、9月にも実施いたします。

   保護者向け通知はこちら ⇒ 【 科学立県:9月】活動案内《保護者宛て》.pdf

  数学分野
   活動日 平成29年9月24日(日)
   場 所  所沢北高校 数学演習室
   時 間  13:30~16:30
   ※ 他校生は上履きを用意   


  生物分野 (永井班)
   活動日 平成29年9月24日(日)
   場 所  生物室
   時 間  8:30~12:00
   ※ 生物学オリンピック過去問研究参加者は、英和辞典を用意
      午後も、課題研究を行う場合は、昼食持参


 

                
 

理数科  理数科課題研究⑤ 

いよいよ課題研究が始まりました。
  
  
  
  
   
    
 

理数科   2年生 1日早く2学期開始 課題研究日

8月28日(月) 明日の2学期始業より1日早く 課題研究日のために登校です。
8:40 SHR
      担任より諸連絡
      理数科学科長からの話
      校長講話
場所を移動して、いよいよ中間発表に向けて移動・1日研究日となります。 
まずは朝のHRの様子をご覧ください。

   
          SHRの様子(学科長の話 校長講話)  廊下には担当の先生方も集合です。さあいよいよ研究スタートです。

      
 

理数科  課題研究日の前に(化学班)

8月25日(金)週明けの課題研究を前に、化学班(2班)が集まりました。生徒の活動風景をご紹介します。
  
        
      
    
 
 理数科 科学技術立県 生物編
8月25日(金)、昨日に引き続いて科学技術立県を支える人材育成プロジェクトの生物のメンバーが集まりました。本日はまず研究テーマを決めるようです。浦和高校からも2年生が仲間として加わってくれています。どんな分野を研究するのでしょうか。楽しみです。

  
 
理数科  科学技術立県 数学編
8月24日(木) 午前は、科学技術立県を支える次世代育成プログラム 『数学』活動日です。
所沢北高校では生物(3)のうち1講座と数学の計2講座が活動拠点となっています。浦和高校・大宮高校・蕨高校・伊奈学園総合高校の皆さんも合流し、いよいよ学びあいのスタート。数学オリンピックに挑戦です。

    
  
  明日、8月25日(金)は生物分野の活動日となります。
  
 

理数科  筑波大学実験実習 事後指導(成果物より)

過日実施された『筑波大学実験実習』の成果物の一部を掲載します。このようにして、生徒たちは実験や体験で得た学びをレポート等にまとめ・発表することを通して科学する力を段階的につけていきます。


   


  

 
理数科   科学技術立県を支える次世代人材育成プロジェクト ③ 
 今年度から始動した県の事業です。いよいよ分野別プログラムが始まります。
 所沢北高校・大宮高校・川越高校・坂戸高校・伊奈学園総合高校の学校の枠をこえた「チーム埼玉」としての理数に関する学びあいです。
 本校では生物・数学の分野を担当します。(なお、所沢北高校では 22名の生徒が自分の得意な分野で参加しています)

   保護者向け通知はこちら ⇒ 【科学立県:8月】保護者宛取組実施予定書.pdf

  数学分野
   活動日 平成29年8月24日(木)
   場 所  所沢北高校 数学演習室
   時 間  9:30~12:30
   
  生物分野 (通知には記載されていませんがこの予定となりました)
   活動日 平成29年8月25日(金)
   場 所  生物室
   時 間  9:30~12:30 

                
 

理数科   筑波大学実験実習へ出発!

8月1日(火)7:30 見学希望生徒を乗せたバスは筑波大学に向け出発しました。最先端の技術や研究をしっかり見学・体験してきてください。
事後レポートの提出は明日 8月2日です。

 

   ≪主なスケジュール≫
  7:30  所沢北高校出発
  9:15 産総研 到着
       サイエンススクエアつくば
 10:15  産総研 出発
 11:20 大学案内(OBが質疑応答に対応)
 13:00 実験実習開始(生物・物理)
 16:30 実験実習終了
 17:00 筑波大学出発
 19:00 所沢北高校到着
      
  目的地 産総研サイエンススクエアつくば
       筑波大学
       高エネルギー加速器研究機構
 

理数科   筑波大学 実験実習 直前確認と事前学習

7月31日(月)明日の筑波大学実験実習に向け、確認と分野別事前指導を行いました。
        
  
                       ガイダンス風景から 

 このあと、生物班と物理班にわかれて事前学習です。
     
     
【生物班】 ①タンパク質について ②生存曲線(片対数グラフの書き方) ③マイクロピペットの使い方 を学習しました。
 
     
   
【物理班】前半は高エネルギー加速器研究機構について (実験実習内容の確認)  後半は『113番元素(ニホニウム)の作り方を論理的に説明する 』というブループ演習を行いました。
 

理数科 臨海実習⑩ 閉校式

   

こちらは地学巡検も終了し、一通りの行事を終えることができました。

これから片付け、昼食をとり、出発です。【現地より】

 

 理数科 臨海実習⑨ 地学巡検

  

  
 

理数科 臨海実習⑧ ウニの観察

7月22日(土)臨海実習2日目になりました。
  

今朝のウニ観察の写真からお送りします。
昨夜は22時まで観察でしたが、今朝も早い生徒は5時半から観察していました。【現地より】

 

理数科  臨海実習⑦ 夜間講演会

   
夜8時より三崎臨海実験所 黒川 大輔先生の講演会、夜9時からは、ウニの発生観察を再開します。
 

理数科  臨海実習⑥ 夕食風景

   
 クラスで食べる2回目の夕食 北高セミナー以来です。
 

理数科  臨海実習⑤ 海辺の生き物・ウニの発生


さあ、ウミウシ ヒトデ ホヤ イソギンチャクの仲間はそれぞれどれでしょう?

     
   

受精させたウニは、タッパーとデモスライド(黄色のテープのついたチューブ) に入れて持ち帰り、今夜から明日にかけて継続観察します。

生徒が解体したウニの写真からは、ウニが五放射相称であることがよくわかります。【現地より】


 

 

理数科  臨海実習④  観音崎博物館での昼食

  
    楽しそうですね。昼食の風景です。すぐ先は…青い海。 (観音崎博物館にて)
 

理数科 臨海実習③ 磯観察

午後は磯観察。外は暑く、海水の温度も高いとの報告が現地から入ってきました。

  

  

 

理数科 臨海実習② 開校式・ガイダンス

7月21日(金)現地に到着しました。開校式及びガイダンスの様子をお伝えします。現地ボランティアの皆様、大変お世話になります。

 
 

理数科   臨海実習① いよいよ出発!

7月21日(金)本日は理数科1年生の臨海実習。 6時55分 生徒たちは学校から元気に出発しました。 
昼前には現地に到着予定です。

       

 
 

 理数科   臨海実習事前学習 (生物編)

7月18日(火)臨海実習事前学習(生物)で最終確認を行いました。生徒たちは疑問などを先生に投げかけ、積極的に学習に取り組んでいます。体験や実験をとおして理数科の目指す「探究する心」をさらに育んでもらいたいと思います。そして切磋琢磨するよい仲間づくりも。
        
 
 

 理数科  臨海実習 予備実験  

7月14日(金) 1年生臨海実習で行うウニの発生についての予備実験を行いました。先生方による実験の様子をお伝えしましょう。留意すべき点などについて、引率される先生方(担任・生物分野の先生方)が丁寧に確認をしていきます。


 

理数科  課題研究 ④  

7月13日(木) 本日理数科の課題研究が行われました。研究も進んできました。中間発表も夏休み明けに予定されています。

      
  
  
 

理数科  臨海実習ガイダンス    

7月13日(木)1時間目のLHRの時間に 理数科臨海実習の事前指導が行われました。
わくわくするような体験実習が満載。安全第一、落ち着いて取り組み、実りある実習としてください。


  本日、保護用の概要説明資料(A41枚 緊急連絡先の入ったもの)を生徒を通じて配布しております。
 

理数科  臨海実習準備


7月21日・22日に実施予定の臨海実習の準備が(理科の先生方によって)行われました。
顕微鏡やウニを入れるケースなどが置かれていきます。
理数科1年生にはこれから詳細が示されます。お楽しみに。


 
理数科  科学技術立県を支える次世代人材育成プロジェクト始動!②
【再掲】 今年度(平成29年)から始まる埼玉県の取組に、普通科・理数科から22名の生徒が参加します。
情報・数学・生物・化学・物理 の分野について、学校の枠を超えて学び合うという新たな取り組みです。


 本日は第1回のミーティングが行われました。

  
 

理数科  課題研究③ 

6月22日(木)は理数科課題研究の第3回目。数学・物・化・生・地の各グループもテーマが決まり、それぞれの研究に向かって動き出しました。テーマ設定・仮説・実験・実証へと進んでいきます。記録をとるための方法なども先生方からアドバイスをいただいているようです。生物研究では、記録をとるためには①ノート ②ボールペン(消えないもの) ③訂正の方法などについても具体的に指導をされていました。


数学研究
    
                                   
物理研究
   

化学研究
   

生物研究
   


地学研究
   
 

理数科 授業風景より

平成29年6月8日(木)理数科の授業 [酵素実験]をお伝えします。

 
 
 
 
 理数科 科学技術立県を支える次世代人材育成プロジェクト参加①
今年度(平成29年)から始まる埼玉県の取組に、普通科・理数科から22名の生徒が参加します。
情報・数学・生物・化学・物理 の分野について、学校の枠を超えて学び合うという新たな取り組みです。
川越高校・大宮高校等との学び合いがいよいよスタート。今後の研究をお楽しみに!


 
 
 

  理数科 理数科通信 No4が発行されました!

 
  理数科通信第4号 が発行されました。ご一読ください!
     今年度の予定なども記載されています。
       コチラをクリックしてください。 ⇒     理数科通信4号.pdf
 

理数科 保護者会が開催されました

平成29年5月27日(土)理数科1年生の保護者会が開催されました。(1年生保護者会と併催)

 ≪次 第≫

   校長あいさつ

理数科行事について(全体)

臨海実習について

学校生活の状況等について

   情報交換  


1
年生保護者会(午前の部)に引き続き11:30からの開催でした。
臨海実習については、昨年度の様子も写真で紹介しながらの説明でした。
ご参加をいただきありがとうございました。


   
         昨年の活動をご紹介しながら説明させていただきました。
 

理数科 課題研究③ (地学班)城ケ島・野外調査

平成29年5月27日(土)理数科2学年の課題研究地学班からレポートが届きましたのでお知らせします。
地学班の4人と教員とで城ヶ島に野外調査に行ってきました。

 【地学班レポートより】
 当日は南からの風がやや強く吹いていたが晴天で心地よく採集と見学とができた。初めに城ケ島の北の三崎層から複数の放散虫化石試料を採集し周囲を調べた。生徒に石灰質の岩石を確認させるためサンポール(塩酸)を小さな入れ物に入れ持っていき、たらして泡が出るかで確認し試料採集をした。次に城ケ島公園に行き周囲の展望を楽しんだ。雪を残した富士山や伊豆大島が望まれた。食事を済ませた後、地質見学を行う。1年の時の臨海実習で見なかった馬の背洞門、ポットホール、SO凝灰岩、海食洞、火炎構造などを見学した。

 
 

 理数科 課題研究②

平成29年5月25日(木) 理数科の第2回課題研究が行われました。生物・化学・物理・地学・数学の分野別での研究スタートです。
数学もテーマ別になって問題に挑戦しているようです。理科はテーマ設定の確認や研究方法等について意見交換をしています。

 


地学チームは27日(土)にさっそく調査に出るようです。
 

理数科 保護者会が開催されました

平成29年5月14日(日)午前、2年生理数科保護者会が開催されました。全体会終了後に多くの保護者様にご参加いただき重ねて感謝申し上げます。
理数科保護者会 全体会終了後~ 2年4組教室での様子をお知らせいたします。

 ≪次 第≫  
 校長あいさつ
 理数科部より
 ・理数科行事について
 ・学科費について
 担任より(学習状況)
 情報交換等
  


        
 

 理数科 課題研究日

理数科2年生には「課題研究日」が設定されています。平成29年4月20日(木)が第1回目。それぞれの分野に分かれて研究テーマについての話し合いや、テーマの決まったグループは早速研究に入りました。今後も様子をお伝えしていきたいと思います。


                
中庭には藤の花が見事に咲いています。 次回課題研究日は5月25日となります。
 

理数科サイエンスセミナー(第3回)

平成29年4月18日(火) 講師として (株)リバネス 藤田大吾氏をお招きし、第3回サイエンスセミナーが行われました。
サイエンスセミナーは、研究の最前線で活躍されている研究者から直接研究内を紹介していただき、科学や数学分野に対する興味関心を醸成しようとすることを目的としています。

  詳しい内容はこちら第3回理数科サイエンスセミナー報告(HP用).docx




 

理数科サイエンスセミナー(第2回)

第2回理数科サイエンスセミナーが平成29年3月22日(水)に理数科1年生及び普通科希望者対象に本校の視聴覚室で行われました。
東京理科大の深井文雄教授をお招きし、「細胞が接着するのは何のため?―細胞接着を標的にした新規治療薬創生の試み」についてご講演いただきました。講演後生徒からたくさんの質問がありました。
詳細は こちらを ⇒ 第2回理数科サイエンスセミナー報告
 クリックしてご覧ください。
 
東京大学生産技術研究所見学
東京大学生産技術研究所見学
平成28年12
20()本校生徒6(理数科1年生5名,2年生1)が東京大学生産技術研究所の3つの研究室を見学しました。

詳細はこちらを ⇒ 東京大学生産技術研究所研究室見学.pdf をクリックしてご覧ください。
 
早稲田大学ヒューマンサイエンス オープンスクール
早稲田大学ヒューマンサイエンスオープンスクールに、本校生徒27名(1年生・9名・2年生・18名)が参加しました。
早稲田大学・所沢キャンパスにおいて、12月13日(火)に、脳の構造、脳の研究の講義を受講し、その後、豚の脳の解剖と神経の顕微鏡観察を行いました。
本校は早稲田大学人間科学学術院と高大連携協定を締結しております。
今年度は理数科の開設に伴い、理数科の1年生から7名の参加がありました。
詳細は こちらを ⇒ 早稲田大学ヒューマンサイエンスオープンスクール クリックしてご覧ください。
 

理数科サイエンスセミナー(第1回)

第1回理数科サイエンスセミナーが10月12日(水)に理数科1年生対象に本校の視聴覚室で行われました。
首都大学東京の海老原充教授をお招きし、「太陽系の進化と原子量」についてご講演いただきました。講演後生徒からたくさんの質問がありました。
詳細は こちらを ⇒ 
理数科サイエンスセミナー クリックしてご覧ください。
 
理数科 神奈川での臨海実習及び筑波大での実験実習(埼玉新聞掲載)
埼玉新聞(8月27日版)に理数科の臨海実習及び筑波大での実験実習の記事が掲載されました。
 記事はこちら ⇒ 理数の楽しさ 現場から.pdf  をクリックして御覧ください。
臨海実習は理数科の1年生全員が神奈川県の横須賀市や三崎町で、生物・地学分野の学習を1泊2日で行いました。
筑波大での実験実習は理数科・普通科の希望者を対象に専門機器を使って実験実習を行いました。
 
 
理数科臨海実習
7/21・22理数科(第1学年)の臨海実習が1泊2日で実施されました。あいにくの小雨模様でしたが、観音崎自然博物館の協力を得て、密度の濃い2日間を過ごしました。
 初日
 6:50学校発 → 10:30観音崎着 → 磯観察(2h)→ 昼食 → 13:00~ウニの受精観察

 
 

H28年度 理数科(初年度募集)説明会および体験授業の様子
8月27日(土)に、理数科説明会および体験授業が行われました。理数科の体験授業(数学・物理・化学・生物)では134名の中学生の参加と131名の保護者の見学がありました。また、普通科の体験授業(英語)では、54名の中学生の参加と39名の保護者の見学がありました。

◇理数科説明会   (理数科の概要についての説明)


◇数学の体験授業 (ルートの中のルート:二重根号の計算)


◇物理の体験授業 (光の波長:回折格子とLEDを用いた実験)


◇化学の体験授業 (どこまで続くの?長~いナイロン:ナイロン6・10の合成実験)


◇生物の体験授業 (動物の行動・学習とは何か?顕微鏡をのぞいてみよう:人の迷路学習・試行錯誤 顕微鏡の使い方)


◇英語の体験授業 (コミュニケーション英語:Christian The Lion)