埼玉県立所沢北高等学校 Reach for the Stars 夢を叶える力 時代を創る力


   生きる力を育て絆を深める埼玉教育
 
                                                 
                                                               
ようこそ  躍進する文武両道の進学校「所沢北高等学校」
絵文字:星
 

 
 住       所: 〒359-0042     埼玉県所沢市並木5−4
 電話番号: 04−2995−5115
 メールアドレス:  f955115@pref.saitama.lg.jp
 

埼玉県立所沢北高等学校

あなたは2299820人目の訪問者です。

メニュー

校長よりグランドデザイン校 歌学 校 概 要 所北PRIDE program学校自己評価システムシート教科書選定基本方針 / 使用教科書一覧いじめの防止基本方針教 育 課 程65分授業について進路実績理数科だより(理数科行事等)所北トピックス2019(2学期)所北トピックス2019(夏休み)所北トピックス2019(1学期)過去の所北トピックス入 試 情 報学校説明会国際交流のページ国際交流受け入れ国際交流過去の記録所北アルバム部活動紹介生徒会保健室保護者の皆様へ事務室から  事務室からのお知らせ  自動販売機公募  授業料等について  証明書の発行について   卒業生への説明   在校生への説明施 設 設 備卒業生の皆様へ(教育実習関係)教員人事応募制度転入学・編入学を希望される皆さんへア ク セ ストップページアーカイブ新規ページ85新規カテゴリ86新規ページ87

地球科学部

部員数
10名
 
活動時間
 
指導者
 
週3日
 
坂井 充、小原正明
コメント
地球科学分野(鉱物、化石、地質)と宇宙科学分野の体験、観察、調査をしています。2019年度は次のような活動を予定しています。
1学期 天体観測、地質見学会
夏休み 星空フェスティバル、校外合宿
2学期 文化祭、県科学展参加、校内天体観測会、地質見学会
3学期 部誌作成、地質見学会、校内天体観測会
ところざわ星空フェスティバル
 校内天体観測
 

日誌

地球科学部だより
12345
2019/09/29

科学振興展西部地区展

Tweet ThisSend to Facebook | by tree_sparrow
 9月28、29日と川越の東洋大学で科学振興展西部地区展が開かれた。地球科学部は「秩父盆地・秩父町層群の放散虫化石年代」を出した。結果は優秀賞で10月末の中央展に出すことになった。出品作品は物理8、化学8、生物8、地学7、一般1で、この中から中央展への選出は物理0、化学3、生物3、地学2であった。表彰前、東洋大学の窪田先生による現在のロボット社会の講演があり一般向けの講演でいかに現代社会に役に立っているかがわかるものであった。

19:08
2019/09/09

北高祭の地球科学部

Tweet ThisSend to Facebook | by tree_sparrow
 9月7日、8日と北高祭が行われた。内容は普段の活動と個人研究とで、具体的には地質分野は西湖周辺(夏合宿)、秩父盆地横瀬周辺、小川~寄居、(新入生歓迎)秩父盆地皆野、高校生科学講座、溶岩樹形について、溶岩について(カルメ焼き)であった。天文分野は秋の天体観測、春の天体観測、新入生歓迎観測、夏合宿の天体観測、木星型惑星、はやぶさⅡ、所北からのM天体であった。
 2日目の午後は雨が降ったりしたが、全体に晴天に恵まれ、お土産に化石の写真のしおりを800枚準備したが、その残りから750人くらいの入場者で、大盛況であった。

14:01
2019/08/08

地球科学部_夏合宿

Tweet ThisSend to Facebook | by tree_sparrow
 8月5日から2泊3日で富士五湖の西湖で夏合宿を行った。台風が九州方面にあるため晴れ時々曇りの天候で予定通りの日程で実施できた。
 天体分野では晴れていても雲がどこかに必ずあり観望はできても写真はなかなかよいものが撮れなかったが、その星空を十分に堪能できた。


具体的には天の川、いて座からわし座、白鳥座そしてカシオペアに至る天の川銀河を観望、写真撮影した。また所北では見られない星座の多い黄道12星座の連なり、乙女座、てんびん座、さそり座、いて座、やぎ座、みずがめ座、うお座を観察した。またペルセウス座流星群のピーク手前で時折流れる流星に生徒は願い事をしていた。最後に2晩とも国際宇宙ステーションが横切るのを見た。

 地質分野では昨年同様貞観溶岩を観察した。具体的にはヘルメットの貸し出しのあるコウモリ穴の観察、自然洞の竜宮洞の観察、基盤の新第三系からなる三湖台のミニ登山、ここからは広大な青木ヶ原樹海(貞観溶岩流跡)が一望できる、そして青木ヶ原樹海の散策と小原先生による植物遷移のミニ講座、青木ヶ原樹海は年代がたっている割には遷移は進んでいないそうである。

09:26
2019/07/26

地球科学部_科学講座

Tweet ThisSend to Facebook | by tree_sparrow
 7月26日、所沢生涯学習センターでセンターと所沢北高校コラボ企画「化石レプリカセットを作ろう!」を行った。小学生3年生以上中学生以下が対象で28人が参加した。内容ははじめに化石の型に石膏を流し込み、固まる間にレプリカの色塗りを行うもので、途中「歯の進化」の話しや展示化石の見学をまじえたりした。最後に三葉虫、アンモナイト、恐竜の歯のレプリカセットをお土産に持って帰ってもらった。

20:10
2019/05/08

新歓地質見学会

Tweet ThisSend to Facebook | by tree_sparrow
 5月6日新入生歓迎を兼ねて秩父の皆野を訪ねた。はじめに郷平橋むかう。南からの降り口の崖錐が流され降りれないので、北から川を渡った。貝化石の採集量は少なかったが微化石用のノジュールを採集した。次に前原の不整合である。天然記念物露頭なのでたたけないが観察と写真撮影をした。さらに歩いて栗谷瀬橋で秩父盆地と長瀞方面の地形の違いを見た後、橋下の蛇紋岩露頭へ向かった。橄欖岩、蛇紋岩、滑石などを採集し、鳩糞石らしきものを探して見学を終了した。

07:47
12345