埼玉県立所沢北高等学校 Reach for the Stars 夢を叶える力 時代を創る力


   生きる力を育て絆を深める埼玉教育
 
                                                 
                                                               
ようこそ  躍進する文武両道の進学校「所沢北高等学校」
絵文字:星
 
 
 住       所: 〒359-0042     埼玉県所沢市並木5−4
 電話番号: 04−2995−5115
 メールアドレス:  f955115@pref.saitama.lg.jp
 

埼玉県立所沢北高等学校

あなたは1703456人目の訪問者です。

メニュー

学校長よりグランドデザイン校 歌学 校 概 要 所北PRIDE program学校自己評価システムシート県立学校の活性化・特色化方針教科書選定基本方針 / 使用教科書一覧いじめの防止基本方針教 育 課 程65分授業について進路実績理数科だより所北セミナー所北トピックスH29(2学期後半)所北トピックスH29(2学期前半)所北トピックスH29(夏休み)所北トピックスH29(1学期)所北トピックス(H26~28)所北の体育祭・文化祭入 試 情 報中学生向け学校案内学校説明会国際交流のページ国際交流受け入れ国際交流過去の記録所北アルバム部活動紹介生徒会保健室保護者の皆様へ事務室から  事務室からのお知らせ  自動販売機公募  授業料等について  証明書の発行について   卒業生への説明   在校生への説明施 設 設 備卒業生の皆様へ教員人事応募制度転入学・編入学を希望される皆さんへア ク セ ス

カウンタ

COUNTER23717


陸上競技部

部  員  数
 
 計59名 
3年19名(男10名、女8名+マネージャー1名)
2年24名(男13名、女10名+マネージャー1名)
1年16名(男  9名、女6名+マネージャー1名
  
活 動 時 間
 
指  導  者 
週5~6日(基本は日曜休み。シーズン中は不定休)
 
 錠 昌洋
コ メ ン ト
 関東大会・インターハイ等の上級大会、自己記録更新を目指し、日々努力を重ねています。走・跳・投とスポーツの基本となる人間の可能性を追求する競技です。陸上競技とは自己への挑戦です。自分がどれだけ出来るのか、どの位の記録で走り、跳び、投げられるのか。自己の能力の限界に挑戦しています。きっと、自分自身が知らない能力が己の中に存在していると信じて。
本校陸上部は、部員全員が目標に向かい切磋琢磨し、強靱な肉体・精神力を培っています。
また、学習面との両立を目指し文武両道を図っています。過去5年間の卒業生の進学先は以下の通りです。
<国立>東京外語大・横浜国立大・埼玉県立大・東京農工大・東京学芸大・埼玉大・国立看護大学校
<私立>慶応大・明治大・青山学院大・立教大・中央大・法政大・学習院大・東京理科大・明治薬科大等その他多数
 
 

日誌

陸上競技部だより
1234
2017/10/06

陸上競技部高校新人大会結果報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:錠昌洋
更新が遅れましたが、新人戦の結果報告(途中経過)です。
インターハイまで進んだ3年生が引退し、いよいよ新チームによる戦いが9月からスタートしました。新人戦は西部地区~県~関東選抜まで繋がる、来年のインターハイ予選に向けての大事な路線になります。
まずは、9月17日(日)~18日(月)に行われた西部地区予選会。
台風の影響を受け、コンディションはよくありませんでしたが無事に開催。
その中で、男子は入賞11種目12名(100m・400m・800m・1500m・110mH・400mH・3000mSC・400mR・1600mR・走幅跳・三段跳)におよび、その半分が3位以内と健闘し、学校対抗(団体)では3位に入る躍進をみせました。
女子は入賞9種目7名(400m・800m・1500m・3000m・100mH・400mH・400mR・1600mR・砲丸投げ)が健闘し、学校対抗(団体)では7位入賞、特に1500mでは優勝を飾りました。
以上の結果、そのほか各種目12番までに入った数名と9月28日からの県大会に挑みました。関東大会につながる大会ですが、この選抜新人は3位までが出場権を得る大変狭き門ですが、1人でも1種目でも出場権を得ることを目標にチャレンジしました。(インターハイ予選は6位まで)
結果は以下の通りです。
<男子>
  800m  澤畠 智樹(2年) 6位入賞
 1500m  澤畠 智樹(2年) 3位入賞
 110m H  春木 琉汰(2年) 6位入賞
 400m H  春木 琉汰(2年) 5位入賞
1600m R  伊東 薬師(2年) 優勝!!
        吉田 伊吹(2年)
        春木 琉汰(2年)
        兼田 俊輝(2年)
   三段跳  川島 大輝(2年) 2位入賞
  学校対抗  7位入賞
<女子>
 1500m  岩月 晴花(2年) 3位入賞
 100m H  浅野 咲希(1年) 6位入賞
  やり投げ  石井 彩貴(1年) 7位入賞

昨年は女子2種目が3位以内に入り、関東大会出場を果たしましたが、今回は4種目で3位以内、特に男子の1600mRは優勝と大健闘しました。昨年からの部内の勢いが後輩たちにうまく伝わり、意識も変わったことが大きいのではないでしょうか。次は関東選抜新人大会です。10月21日(土)~22日(日)、東京都の駒沢オリンピック公園陸上競技場で行われます。来年のインターハイ予選に向けて、関東の強豪選手とどれだけ渡り合えるのか、なにかを掴み帰ってきたいと思います。応援よろしくお願いいたします。                                            文責)顧問:錠


07:36 | 大会等の結果報告
2017/08/15

陸上競技部全国高校総体結果報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:錠昌洋
 報告が遅くなりましたが、7月29日~8月2日まで山形県天童市で開催された全国高校総体(インターハイ)に参加しました。女子400mと女子1600mRの2種目、全国の強豪とどこまで渡り合えるか、入学時からの努力の集大成としてのチャレンジです。目標は1つでも上のラウンドへ進むこと、具体的には準決勝進出でした。
 結果は1600mRにおいて準決勝進出を果たすことができました。準決勝は健闘しましたが力及ばず敗退しました。しかし、普通の県立高校の普通の女子高生であった4人が全国の24番以内に入り、立派に戦ったことは立派です。誇りに思います。後輩たちにも勇気と希望を与えてくれました。所沢北高校陸上競技部はまた、新たな戦いが始まりますが今後も目標を高く頑張っていきたいと思います。応援ありがとうございました。
 女子400m   予選落ち
 女子1600mR 予選4着・・・準決勝進出
17:34 | 大会等の結果報告
2017/06/27

陸上競技部インターハイ予選関東大会結果報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:錠昌洋
報告が遅くなりましたが、6月16~19日まで千葉県総合スポーツセンターにて関東大会が行われ、本校から個人4種目5名、リレー2種目に出場しました。
男子三段跳び・八種競技・女子200m・400mに出場した4名は健闘しましたが惜しくもインターハイ出場を逃しました。しかし決勝進出まで、あと一歩まで迫りました。
女子4×100mRでは埼玉県6位ながら強豪校相手に大健闘し、決勝に進出しました。結果は残念ながら8位(6位までインターハイ)とインターハイ出場は逃しましたが入賞でき、大変頑張りました。
そして、女子400mで6位、女子4×400mRは3位という結果で見事インターハイ出場を果たしました。
遠方ながら部員全員・卒業生の応援とサポートメンバーの支えが大変力になり、北高陸上部にかかわる方のすべての結束力の賜物ではないでしょうか。
インターハイでは全国の強豪とどこまで渡り合えるのかチャレンジし、一つでも上のラウンドに進出し全国に所沢北高校の名を広めていきたいと思います。
インターハイは7月29日~8月2日まで山形県で行われます。応援よろしくお願いいたします。
顧問 錠 昌洋


09:10 | 大会等の結果報告
2017/05/18

陸上競技部インターハイ予選埼玉県大会結果報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:錠昌洋
5月12日~15日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場でインターハイ予選埼玉県大会が行われました。関東大会出場を目標にチーム一丸となり選手のみならず、たくさんのサポートで見事、複数の種目で関東大会出場の権利を勝ち取りました。
特に女子の4×400mRにおいては、私立の強豪を抑えての「優勝」という最高の結果を残すことができました。この勢いを関東大会に繋げ、一人でも一種目でも多くインターハイ出場を果たしたいと思います。

優勝 女子4×400mR
2位 男子八種競技    
3位 女子400m    
4位 女子400m
5位 女子200m
6位 男子三段跳
6位 女子4×400mR
以上の6位までに入賞した種目が関東大会出場です。

12:24 | 大会等の結果報告
2017/04/29

陸上競技部結果報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:錠昌洋
学校総合体育大会埼玉県西部地区予選会が4月21日~23日、川越運動公園で行われました。インターハイまで繋がる、3年生にとっては最後の集大成をかざる大会です。目標に向かって、各自がそしてチームが一丸となり、努力を重ねてきた成果が現れました。
特に女子は各種目で得点を積み重ね、新人戦に引き続き学校対抗総合優勝を飾ることができました。また女子1600mRでは大会新記録を樹立しました。
次は、関東大会をかけた埼玉県大会が5月12日~15日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われます。応援よろしくお願いいたします。
以下が男女別の結果です。(県大会出場権獲得者)
<男子>
県大会出場種目・・100m、200m、400m、800m、1500m、110mH、400mH、400mR、
         1600mR、走幅跳、三段跳、やり投げ、八種競技
入賞・・800m第6位、1500m第7位、110mH第3位第4位、400mH第8位、400mR第8位
    1600mR第4位、走幅跳第8位、三段跳第8位、やり投げ第5位、八種競技優勝

<女子>
県大会出場種目・・100m、200m、400m、800m、1500m、3000m、100mH、400mH、    
         400mR、1600mR、走高跳、七種競技
入賞・・100m第6位、200m第2位第5位第6位、400m優勝第2位、800m第3位第6位、         
    1500m第3位第6位、3000m第2位第7位、100mH優勝、400mH第2位第3位、    
    400mR第2位、1600mR優勝=大会新記録、走高跳第5位、七種競技第3位
    総合104.5点=学校対抗優勝

17:54 | 大会等の結果報告
1234